終わらない店、始めませんか?新しい珈琲の風、香り。
お店のカラーにコーディネート、NOVOMARKⅡ
熟練の技を、ワンタッチで習得。
魅せる自動珈琲焙煎機「NOVO MARK Ⅱ」 プロモーションビデオ公開中
Ver.1 BEAUTY & THE PRIEST from KYOTO
Ver.2 BEAUTY & THE ROASTER from HAWAII
Ver.3 THE PERFORMERS from JAPAN

new normal in the world of coffee コーヒーの、新しいあたりまえ
  • SPEC SAFETY 機能・安全性
  • GREEN BEANS 生豆紹介
  • SPECIAL THANKS 導入事例
  • SHOWROOM ショールーム
  • COMPANY 会社紹介

1.Freshness 焙煎したて、新鮮なうちに。

コーヒーは植物、そしてそれらは生鮮食品。
焙煎したての珈琲は、まるで香りの魔法。

フルーティなものから、チョコレートみたいなものまで、
その香りは100種類以上。

ただ、残念ながら今の日本の市場では流通過程で
2~3週間経ち、その香りは失われてしまいがち。
その前の、まだ知らない新しい香りを、
貴方に届けます。

グラフ 珈琲豆の鮮度

NOVO MARK Ⅱ 特長 -珈琲焙煎機
2.TheOrigin 良い素材を、感謝を持っていただく。
コーヒー豆ピラミッドの頂点にいるスペシャルティコーヒー。農園や地域などが特定でき、香りに特徴のある、農園主の個性が光る特別なコーヒー。

コーヒーはどこから来るのでしょうか?

赤道の近くの、標高の高い山のある国々。
ブラジル、コロンビア、ウガンダ、コスタリカ、
イエメン、東ティモール、ハワイ、パナマ… etc

スペシャルティコーヒーと呼ばれるものがある。
農園で丁寧に作られたものが、旅をして来る。

そこには、大量生産のものにはない物語がある。
時には甘酸っぱく、苦く、まるで人生のように。
貴方が美味しく飲む事で、物語は続く。

より良いストーリーとして。


スペシャルティコーヒー生豆
3.Roast as you please 「焙煎」で、貴方好みに。

「焙煎」というと、焙煎職人さんがいて、
少し敷居が高いと思われがち。

NOVO MARKⅡは、そんな習熟するまでに最低8年と言われる焙煎技術を、MADE IN KYOTOのハイテクノロジーで、自動化しています。

入力された焙煎プログラムは100種類。

ポチッとボタンひとつで、苦みが強いもの、
逆にフルーティな酸味があるもの、
どなたでも、香り高い、あなた好みの味の、
珈琲を楽しんでいただけます。
豆の焙煎度のチャート フルーティー・マイルド・ビター

ハイテクノロジー
4.New normal in the world of coffee 「五感」で感じる、コーヒーの、新しいあたりまえをあなたの街に。
大阪
ただひたすら豆を焼くだけの毎日に、 疲れと限界が見えはじめてきていたころ・・・
山梨
家事と自家焙煎を完全に両立した山梨のハイパー主婦のお店。 人気商品はドリップバッグ。
東京
夫婦で細々と喫茶店をするつもりだったが この焙煎機を買ってしまったがばっかりに・・・
福島
ログハウスとこだわりが詰まった 自家焙煎珈琲店
大阪
アップテンポなBGMに耳を傾けていると 空から突如 リリックが舞い降りてきた…

NOVO MARK Ⅱ のある風景
どこにもない店つくりませんか?

こちらのページに来られた方は珈琲の焙煎機、焙煎、珈琲豆の情報を集めに来られた方だと思います。
そして、珈琲の焙煎機を趣味として知りたいだけではなく、新しく珈琲専門店を開業したり、あるいは既存のあなたのお店を、劇的にビフォーアフターされたいのではないでしょうか?

こちらのサイトでご紹介する製品は、
全自動の魅せる珈琲焙煎機「NOVO MARKⅡ」。

京都で半世紀余り、自動で動く装置を製造し続けているダイイチデンシ株式会社製の
焙煎機は、ただの厨房機器ではありません。これからあなたの店を、そして市場を、
きっと革命的に変える、そんな焙煎機です。
革命的なその理由を大きく3つ、ご説明させてください。

AUTO vs MANUAL 自動 vs 職人技

職人の技術をプログラム制御。最も革命的なのは焙煎士を雇う必要がない、或いは、
あなたが焙煎の修行をしなくてよいというところです。
通常なら8年以上はかかると言われる、繊細な焙煎技術を、細かくプログラム設定。
あなたはそのプログラムを「ポチッ」と押すだけ。それはつまり人件費や教育費を、
大きく削減することが可能です。
焙煎こそが、コーヒーの味や香りを引き出すのに「最も重要」なことだと、こちらの
ページに来られた方なら、既にお気づきのことでしょう。それをあなたは、いきなり
手に入れることが出来ます。

NOVO MARK Ⅱ 白


私たちの社是は「テクノロジーで、おもてなし」。
得意分野は自動制御のマシンをつくること。
職人技の珈琲の焙煎をプログラム制御し、
ポチッと、ボタンひとつでできるように、
心血を注いで作りあげました。


今は将棋の名人もコンピュータに負けてしまう時代。
熟練の域とも言えるそんな珈琲職人の技術すら、
超えるつもりの私たちの真価を是非、確認してください。


SHOP vs FACTORY 店頭 vs 焙煎工場
心を掴む、店頭で魅せる焙煎機。

珈琲の焙煎機は、いわば自家焙煎の象徴。そんな最重要なポジションにも関わらず、
店の奥の焙煎室にあったり、店内にあるのに、何故か動いてなかったりします。

●焙煎している間は接客どころではない
●或いは煙がいっぱいで、営業中にはできない
●ご近所や、テナントさんの許可がおりない
●焙煎士がいないので、いわばオブジェ

そんな理由で、バリスタやエスプレッソマシンに比べて、店頭にはおけない、裏方の
存在。結果、一番多いのは、どこかの工場や工房で焙煎されたものを止む無く使う。
日本の殆どの喫茶店やカフェにある珈琲豆はそうでしょう。しかし、煙や音が格段に
少ない設計の当機なら、むしろ店頭に置くのがベストです。ショッピングモール内や
テナントでも、無理なく営業許可を得ています。
そして、これからは生豆をショーケースに並べて、生豆から選んでもらう時代です。
既に焙煎された豆がただ置いてある他店などは尻目に、ロースティンググラスの中で
豆がダイナミックに踊り、短時間で焙煎ができることを、お客様にアピールしてくだ
さい。お客様は、自分の選んだ生豆が目の前で焙煎し終えるまでの約5分間を、ただ
待たされているのではなく、むしろ楽しんでいただけます。

NOVO MARK Ⅱ 焙煎機がお店のカッコイイディスプレイになる様子
珈琲は「鮮度」が最も重要です。
鮮度…それは、焙煎されてから経過した時間。

どこかの遠くの工場で焙煎され流通期間を経たそれより、目の前で、自分好みの味に焙煎されたものこそが、本当の珈琲の価値だということを、きっとお客様に理解していただけるでしょう。「他の珈琲が飲めなくなった」という風に。

焙煎は鮮度が最も重要。焙煎されてから経過した時間。
BUSINESS vs GAMBLE 長く続く店 vs ギャンブルなお店

「カフェや喫茶店なんて道楽や、ほんま儲からんわー」そんな声をよく聞きませんか?「いやいや、スターバックスさんや、タリーズさん、ドトールさんはきっと儲かってはりますよね、努力が足りてへんだけとちゃいますの?」と、うっかり本音で答えてしまうと、お叱りを受ける事でしょう。

開業して3年経つと60%のカフェは店を閉める、そんなデータが物語るように、あなたの周囲のカフェも気づかない内に、閉じたりしていないでしょうか?しかし、1杯の珈琲よりも、珈琲豆が売れている店は潰れていません。毎日、その珈琲を楽しみにしているお客様が放っておかないからです。
特に今はコンビニのコーヒーの台頭に始まる、空前のコーヒーブームですが、これからも焙煎や素材にこだわる方が増えるでしょう。いきなり珈琲を飲まなくなる人などはあまり考えられません。
パンケーキやアサイーボウル、ビーフストロガノフ等とは違い、既に珈琲は私たちの
生活に密着しており、毎日の様に家で飲む文化が定着しています。しかし、あなたが
どこかで焙煎された珈琲豆を卸しで仕入れ、単にドリップして出すだけなら、3年で
潰れる可能性は依然として60%のままです。

そう、コンビニでも安くて美味しい珈琲が飲める今、
今後、より厳しくなってくるかもしれません。

しかし、生豆を仕入れ、自家焙煎し、焙煎した豆は店頭やインターネットで、或いは
卸販売をすれば、あなたの珈琲専門店としてのブランドは、きっと長く続きます。
潰れにくいその秘密は、原価の安さ。何故なら、生豆の原価は焙煎豆の1/4~1/8。
焙煎した豆は卸すなら4倍に、小売なら8倍にして売って儲けうる立場だからです。
珈琲専門店や珈琲にこだわるカフェをやるのに、他の店で焙煎された豆を購入して、
それを提供するだけでは、充分ではありません。他の店の代理店になりたくて、
開業されるわけではないでしょう。

珈琲豆 生豆から焙煎後まで

自分たちで生豆から焙煎して、
オリジナルの商品を作る。
革命的な焙煎マシン「NOVO MARKⅡ」が、
それを導入日から可能にいたします。


開業無料サポート!「ロースターリーカフェプラン」

仮に珈琲の焙煎が出来ても、開業のやり方はわからない。
そんな方も多くおられると思います。

焙煎機を販売するだけでなく、60種類以上もの生豆を5kg単位で
小分け販売、ハリオやカリタ、メリタなどの珈琲備品のご案内、
そして開店までの無料開店サポートをあなたのご希望に応じて、
私たちダイイチデンシがサポートさせていただいています。

どうせなら、他にないお店にしてもらいたい。
3つの要素が揃えばそれは可能です。

良い素材のコーヒー豆+再現性のある安定した焙煎+あなたの個性・オリジナリティ

そんな価値のある、長く続けられるお店を始めませんか?
てっとり早く儲けてリタイアしたい、そんな投機的な方は、
わざわざ珈琲店の経営をすることはありません。

白い珈琲焙煎機 NOVO MARK Ⅱ

ビジネスは、人生と一緒です。
長く楽しく続けていけることが重要。
お金や儲けはそのための原資。
お客様に喜んでもらえる誇らしい日々が、あなたの財産。

小さくても長く続けられる、
段々とファンが増えてくる、
それが本当に美味しい、コーヒーマジックの真骨頂。

全国での導入実績を胸に、あなたのお店を、どこにもない、
価値のあるお店にしたい、そんなサポートをいたします!
魅せる珈琲焙煎機、NOVO MARKⅡとともに。


ダイイチデンシ株式会社 代表取締役社長 中小路 通 (なかこうじ とおる)

ページの先頭へ