アフリカ2位のコーヒー生産国
 
アフリカ大陸のほぼ中央部、ビクトリア湖やナイル川源流を擁し、その豊富な資源から、入植の歴史も長く、宗主国であったイギリスの影響が深い国。第二次世界大戦の頃は、チャーチルにより「アフリカの真珠」とも呼ばれた国、ウガンダ。
 
現在もエチオピアに次ぎ、アフリカ2位のコーヒー生産国。その恵まれた土壌と豊富な雨量は、酸味のしっかりとした最高級アラビカ種、あるいはカネフォラ種(ロブスタ)を産出する条件が整い、古くよりヨーロッパのコーヒー文化を支えている。
 
近年は、水洗工場の設備・ノウハウが整備され、年々驚くほどのクオリティのものに成長することもあり、進化が著しい国の一つ。スペシャルティコーヒー界でも台風の目となる、キラリ輝く産地である。



Africa

     

Asia

     

     

America

     

     

     




back