お金持ちが愛する国、それがパナマ!
 
パナマと言えば、文書と、運河、そして、超高級コーヒー「ゲイシャ」の名産地。
 
エチオピアで生まれ、コスタリカの研究所に渡り、中米でも栽培されていたが、いっとき、中米を襲ったサビ病で絶滅、忘れ去られていた「ゲイシャ種」を、パナマのボケテ地区のドンパチ農園が、コスタリカの研究所より持ち帰ったそれ、ゲイシャ種を復活させ、そして近くのエスメラルダ農園が、国際品評会でそれをよりアピール。その衝撃のテイストがきっかけで、パナマはコーヒーの産地としても、世界的な注目を浴びる存在に躍り出た。
 
ボルカンバルーの麓、ボケテ地区、またはその周辺では、ゲイシャのみならず、他にも高品質な豆を作っている。ウオッシュド、ナチュラル、ハニー、多くの精製法のノウハウもあり、今、最も世界、特に高品質な豆を求める人から愛される、ブランド産地の一つとなっている。



Africa

     

Asia

     

     

America

     

     

     




back