アジアに突然現れた、スペシャルティコーヒーの名産地。
 
ミャンマーと聞いて、コーヒーの産地だと思い浮かべる方は少ないだろう。
ましてや高品質なスペシャルティコーヒーが採れるとは、およそイメージがない国。
 
それもそのはず、ここ2-3年で急速に品質が向上し、新しいスペシャルティコーヒーの産地として、
たった今、世界がミャンマーのクオリティに気づいたところである。
 
元々は英語があまり通じないこともあり、コーヒーの栽培を教える人が少なかったが、経済の急成長に伴い、海外から、アジアの最後のフロンティアとして多くの人が訪れるようになった。
 
そしてコーヒーでも、細々と生産していた同国に、2014年、SCAAの関連団体であるコーヒー品質協会「CQI」が、ミャンマーの中小規模のコーヒー農家の生産支援を開始。
 
2016年3月のミャンマーで開催された品評会では、エントリーした60種のコーヒーの内、56種がSCAAの基準で80点以上を獲得し、スペシャルティコーヒーの産地の仲間入りを果たした。同年4月には、本場アメリカでもSCAAに出展し、世界的な評価も少しずつ獲得。 テイストの特徴は、またアフリカやアメリカにない、優しい酸味。アジアの奥深いマイルドな旨味が特徴的。
 
これまでの栽培の歴史が少ない分、スペシャルティコーヒーを作る新技術や知識の吸収も早い、
今後の成長がより楽しみな産地の一つ。



Africa

     

Asia

     

     

America

     

     

     




back