高品質な豆で、アフリカのトップブランドに。
 
アフリカの中でも最も高品質とされる産地の一つ、ケニア。コーヒー研究の専門機関をアフリカではいち早くから立ち上げ、生産量は他の国に比べると少ないながら、安定して高品質な豆を作る産地としてのブランド力がある。
 
赤道直下にあり、年に二度の雨季があることから、収穫も年に二度される、コーヒー生産に最も適している国の一つ。
一級品として欧州諸国で高額に取引され、酸味、苦味、甘み、それぞれがバランス良く、深い味わいが人気。
 
標高の高さから、産地の主な国では、都市部と産地が離れている国が多い。しかしケニアでは、都心から比較的、産地となる農村が近いところに多くある。そのため、近年は若者が、農村から都市部に移っていってしまい、働き手が減ってきている。
 
これらの要因から人件費も高く、生産量の少なさから、他のアフリカ諸国の豆より高額となるが、
それを補うクオリティが、ケニアの人気を支えている。



Africa

     

Asia

     

     

America

     

     

     




back