何もないところに、全てある。新しい国の挑戦。
 
インドネシアから勝ち取った独立で、東ティモールはアジアで最も新しい国になった。が、それは最も貧しい国からの始まりでもある。そんな中、外貨を獲得する唯一の作物は、コーヒー。赤道付近、インドネシアの東にある、その気象条件はコーヒーの生産に最適であり、人口の4分の1がコーヒー生産者と言われている。
 
特筆すべきは、貧しいため、お金のかかる化学肥料や、農薬がこの国には持ち込まれておらず、完全にオーガニックなものが作られている。コーヒーは無農薬だが、シェードツリーには農薬をかける、みたいなことが多い中、この様な環境は、大変貴重。何もないところは、何もない価値がある。
 
インドネシアの前は、ポルトガルの植民地であった東ティモールは、同じく植民地であったブラジルからの総督により持ち込まれたのが始まりとされる。その品種改良がされてないティピカ種も、これも貴重だ。
 
現在は、NPO法人、日本のピースウインズジャパンなどによる、コーヒーの生産指導の援助がなされ、日々コーヒーのクオリティが向上、いまではスペシャルティコーヒーの域に達したものもあり、その価値は、確実に世界に認められている。



Africa

     

Asia

     

     

America

     

     

     




back