ミヤンマー

オレンジサンシャイン G1 シャン州 ピンダヤ村

ウォッシュド

ミャンマーは、赤道を挟んで南緯25度から北緯25度の間の「コーヒーベルト」と呼ばれるコーヒー栽培の適地にあります。2014年からSCAAの関連団体、コーヒー品質協会(CQI)が、
ミャンマーの中小規模コーヒー農家が生産するコーヒーの品質向上を目指し支援を開始し、2016年3月にミャンマーで開催されたミャンマー産豆の品評会では、
エントリーした60種のコーヒーのうち56種がSCAAの基準で80点以上を獲得するほど品質が著しく向上したことで、スペシャルティーコーヒーの産地として、世界中から近年注目を浴びている産地です。そんなミャンマーの中で最もコーヒー栽培が盛んな「シャン州」にある、
ピンダヤ村のコーヒーをお届けします。ピンダヤ村は、少し斜面が目立つ地域です。近くには標高1,800m以上の高い山々に囲まれていることから、品質のポテンシャルと伸びしろに期待が高い地域です。「オレンジサンシャイン」はその名の通り、オレンジを思わせるジューシーな酸味が日溜まりの様に心地良く口の中に広がるコーヒーです。

規格

G1

生産国

ミヤンマー

地域

シャン州 ピンダヤ村

標高

1,500~1,600m

品種

カツーラ、カツアイ、カティモール、S795、ティピカ

精製方法

ウォッシュド / 天日乾燥 アフリカンベッド

推奨焙煎度

ハイ

備考

栽培:シェードグロウン、栽培期間中農薬化学肥料不使用
規格:G1 / サイズ:16UP 梱包:30kg+グレインプロ

Pick Up

POP


Photo