岡山県岡山市。

市内の中区、
閑静な住宅地の中を進むと、
突然、オシャレな洋館が現れる。

Ks game day

夜になると、まさにファンタジーの世界。
そこは「Ks Game」の入口。


オーナーのお名前は、久安 (ひさやす)さん。

三浦カズのことが大好きだと語るオーナーは、
ダンディで、キュート、少しストイック。
人は、好きな人にすこしづつ似てくるものだろうか。

「最高のもの」、それを「気軽に」と、
スペシャルティの珈琲生豆にこだわる。
それは、シングルオリジンと呼ばれるものばかり。
ストレートの珈琲豆、或いはオリジナルのブレンド豆も。

Ks game green beans

オーダー焙煎が可能なNOVOの特性を活かして、
「酸味が少ないもの」「苦いのが好き」などなど、
漠然としたお客様の要望も聞いて、5分ほどで焙煎。

焙煎中、豆が踊り煎られる様を、
オーナーがドリップして淹れた
絶妙なブレンドなどを飲んで、見ることができる。

焙煎したての香りが漂う、贅沢な空間。

Ks game inside

「コロンビアのナリ―ニョ ラウニオンと、
ウガンダのアフリカンスノー、
これをブレンドすると、本当に上手い。
めちゃ、喜んでもらえるんや」

と言われるお顔は、とても楽しそう。
ブレンドは、安い豆を集めて美味しくみせるなど、
悪しき時代のブレンドの常識など、おかまいなし。

仕事は好きなことを、
誠実に、楽しく続けたいと仰るオーナー。

長く勤められた公務員を辞められ、
そして大好きなコーヒーの自家焙煎店を始められた。
岡山にも、長く愛されるファンタジスタの誕生である。

※取材・撮影・文責 中小路通(ダイイチデンシ株式会社)
2014年12月掲載