仙台空港の近く、岩沼市。

お問い合わせを受けて訪れたそのカフェは、画廊のようで、

オーナーさんにお聞きすると実際、

画廊でもあった。

ネームカード
貴族しか入れないようなお店の雰囲気。

設計した会社さんが、

こちらの建物でなにかの表彰などされたと聞いたが、

忘れてしまった。

白い彫刻像

それらを2015年7月、

自家焙煎のカフェにして、

地元の人にも気軽に入ってもらうのが 夢、

そう仰られた店長の強い意志で焙煎機の導入を決められた。

EPIC VIEWと刻印された焙煎機
オシャレな店は危険だというのは、私の持論だ。

見た目だけで、
中身はスカスカ…味は最悪、
店員はツンケン、
それを補うのがオシャレ、
そんな店をマスメディアが持ち上げ、店は続くが、
そこには常連客(ファン)がいない。

こちらもオシャレ極まりないお店。

EPIC VIEW店内

しかしその不安は見事に裏切られた。

もちろん最高に良い方向で。

ギャラリースペース

オシャレの上に、オーナーのお姉さんである、店長の熱すぎる想いが詰まっていた。

「カフェとして、大手ロースターさんから珈琲豆を分けていただくのは、本当に自分の想いが詰まった、美味しい珈琲が出来ないのではないか、そう思ったんです」

と、店長の渡邊さん。

「前に焙煎豆を分けていただいてた焙煎士の師匠は、仙台でも有名なロースターさん。焙煎の相談をすると、素人には簡単に出来ないよ、と アドバイスをいただきました。
でも、自動の焙煎機で素人からでも焙煎出来るって、このHPで見たとき、すぐにオーナーに言いました。これだ!すぐにやりたいって。

EPIC VIEWの焙煎機

そして、最初にこの焙煎機を見た感動は今でも忘れられません。

そして導入した後も、一番気になったのはブレンド。

前のレベル超えるように、何度も何度も作って、前のブレンドの味を越えた!って思った瞬間があるんです。

嬉しくって、泣きました。自分の自信を持てるブレンドを手に入れた、これでやっていける!と確信したんです」

渡邊店長の珈琲に対する熱意は素晴らしい、

オープンして3年、自家焙煎にして2年、

今では自ずとファンがついている。

店にはその方々の輪が絶えない。

そんなコーヒーマジックが生まれていた。

一杯のコーヒー

一度、何故にそんなに珈琲がお好きなんですか?と、聞いたことがある。

「震災で辛い時期があったでしょう?お水を求めて何時間も並んだりしてる時は、生きていくのに必死でした。水が戻って、ガスや電気が戻って、ちょっと落ち着いた時に、珈琲を飲んだんです。思ったんです、ホッとできる日常が戻ってきたって。そして、仕事をさせてもらえるなら、珈琲店をやりたいって。仙台の人を私が元気にするぞ!って思ったんです」

思いを込めてハンドドリップ
地元のファンの気持ちをグッとつかんだ、

素晴らしい、本物の店…
岩沼を訪れたら是非、足を運んで欲しい、

岩沼駅を出たらすぐ見える、

EPIC VIEW(素晴らしい眺め)という名前のお店まで。
image
EPIC VIEW

文責・撮影:中小路(ダイイチデンシ株式会社 )
2016年8月掲載