渋谷を知らない日本人はいない。

流行、ファッション、音楽、文化…
日本の最先端が集まる街 SHIBUYA。

渋谷駅前にある総合アミューズメント施設
「EST 渋谷東口会館」の地下一階に
他では見たことがないカフェが

2016年2月 オープン。
シブヤボウリング店内
EST 渋谷東口会館 B1
SHIBUYA BOWLING CAFE

入って一番に目を引くもの、

ボウリングのレーンとカフェテーブル。

レーンからカフェが見え、

また逆にカフェからもレーンが見える。

 

そう、ここは
ボウリングカフェ。

ボウリングのレーン
コンクリート打ちっ放しの開放感と関節照明で漂うシックな高級感

華やかな街で大人がゆったりと寛ぐ事が出来るオシャレなカフェ空間。

その中枢、厨房の一角には弊社の自動珈琲焙煎機 NOVO MARKⅡ

厨房にある焙煎機

この焙煎機との出会いは2015年、東京ビッグサイトで開催された「カフェ喫茶ショー」でした、と EST渋谷東口会館 専務はNOVO MARKⅡをはじめて知った時の事を振り返ってくれた。

地下一階をボウリングカフェに大改装するためのヒントやアイデアを探しに「カフェ喫茶ショー」へ出かけました。

会場では関心を持っていたエスプレッソマシンを見に行ったのですが、その隣りにこの焙煎機を置いているブースがあって、そこでたまたま出会いました。

 

NOVO MARKⅡで焙煎した珈琲を飲んだ瞬間、
この焙煎機なら間違いない、すぐにそう思いました。

 

偶然の出会いから半年後

ロースターグラス

その焙煎機はカフェの心臓部に鎮座する事となる。

 

カフェとしてお客様にお出しするものですから、
一切妥協は出来ません。

一品のフードにしても、一杯の珈琲にしても。

 

お店で飲めるコーヒーは現在二種類。

徐々にバリエーションを増やす方向ではあるそうですが、現在は
バランスの良さでフードメニューともよく合うインドネシア トゥルーブルーと
尖った味で虜にさせるエチオピア イルガチェフェG1アリチャ、
この2つのシングルオリジン珈琲を自家焙煎で提供されています。

アイスコーヒー

NOVO MARKⅡに出会った事で、珈琲はコレだと決まりました。

一方、フードメニューでの決め手となったのは
「やごろう豚」との出会いでした、と続けて専務。

同じくカフェ喫茶ショーで出会い、その美味しさに感動し、私はすぐさま
産地(鹿児島)に飛び、やごろう豚だけではなく鹿児島中の豚という豚を
片っ端からチェックしました。

結果、鹿児島行きの切っ掛けとなったやごろう豚が
一番求めていた味でしたので、これに決めました、と。

やごろう豚のお料理

高い感度と素早い行動力、慎重さと決断力で
専務が最高の素材を見つけ出してくれました。

私はそれらの素材を最高の調理でお客様にお出しします、
そう語ってくれるのはシブヤボウリングカフェの支配人。

 

実はこちらの支配人
カフェの支配人を務める以前は
ビリヤードフロアの責任者を務めていたという
異色の経歴を持つ。

ビリヤードといえば華やかなテクニックが注目されますが
その技術はとてつもない集中力から繰り出されます。

ビリヤードはキュー(玉を打つ棒)の材質、タップ(キューの先)の角度、
グリップの皮の締め具合、ほんの少しの変化で打った玉の軌道が変わるんです。

これは味の表現においても同じことだと実感しています。

包丁の入れ具合から焼き加減まで少しのブレも許されない、
研ぎ澄まされた集中力から生み出される渾身のフードメニューは
異色の経験があるからこそ。

 

次に店内に目を向けてみる。

フロアの上段にあるカフェテーブルには
アプローチドットが刻まれている。

テーブルとなったレーン

改装前までは実際にボウリングのレーンに使用されていたもの。

メイプルウッドが優しい温もりを感じさせるのと同時に
とことん細部にまでこだわったそのスタイルがとても心地よく
時間を忘れて過ごしてしまいそうに。

照明器具にはピンのオブジェ。

ボウリングピンの照明

 

 

カフェボウリングのスペースでは不定期に生ライブも。

レーンでライブ

普通のボウリング場にはない

アミューズメントと

こだわりの食、こだわりの珈琲、

こだわりの空間が ここに。

 

 

EST渋谷東口会館 シブヤボウリングカフェ
営業時間 11:00〜24:00(金・土は25時まで)
パーティコースの予約などは前日までにどうぞ。

 

文責:東京ラボセンター 高島(ダイイチデンシ株式会社)
写真:EST渋谷東口会館提供
2016年8月掲載