京都 北山 下鴨 葵エリア。

文京地区としても有名な一角から
新鮮なスペシャルティコーヒーの香りを発信する・・・

AOIcoffee エントランス
KYOTO KITAYAMA AOI COFFEE
京都 北山 あおい珈琲

お洒落文化を発信する北山通、

その南側には緑あふれる京都府立植物園、
心地よい音が響く京都コンサートホールの向かいに
そのお店がある。

厳選したスペシャルティコーヒーを
シングルオリジンメインで取り揃え、
焙煎豆も買えるコーヒースタンドだ。

テイクアウトも可能

掲げられているコンセプトはこう。

今までに体験したことのない
記憶に残るスペシャルティコーヒーの
風味、香りによるおもてなし

厳選したスペシャルティコーヒーは
店内に設置されたピンクの自動焙煎機
NOVO MARKIIにより、毎日バツグンに新鮮な状態で
お客様の元へ。

ロースターグラス

京都と言えば、知る人ぞ知る、自家焙煎珈琲の激戦区。

北山という土地柄から、
味に敏感なセレブ、ハイソな方々、国内外からの観光客で
常に賑わいを見せている。

これはダイイチデンシの焙煎機 NOVO MARKIIがあるからこそ出来る
最高のおもてなしなんです、と 代表の鬼追(きおい)氏。

珈琲豆と焙煎機とスタッフ

ここにこうして立つ以前からコーヒーにはとても興味があり
自分に合う美味しいコーヒーを求めては、全国各地の色んなお店を巡り歩く
所謂コーヒーファンでした。

スペシャルティコーヒーの専門店をしたい、そう思ったきっかけは、
自動で焙煎できるNOVO MARKIIに出会ったことです。

ピンクの焙煎機

よくある普通のロースターで焙煎するのって結構難しいんです。

煙も出ますし。

一度上手く焼けたからといって
次も同じ具合に焼けるかどうかなんて、
一切保証がない。

コーヒー豆は海の向こう遠くで、一生懸命に育てられた果実です。

シングルオリジン

僕が美味しいコーヒーを飲みたいが為だけに無駄にすることなんて
バチが当たるようなマネは出来ません。

ましてや、お客様からお金を頂いてお出しするものなら尚の事。
出来る限り安定した品質で提供しないと…。

そんな時、自動焙煎機NOVO MARKIIに出会った、と。

この焙煎機の良いところは、焼き上がりは勿論、
操作性と安定性、あと、煙が少ないこと。

消炎装置の要らないこの焙煎機はかなり良いですね。

確かに周りは高級な住宅地。
周辺には植物園やコンサートホールがある、
当然そんな場所でモクモク煙は出せない。

近隣はもちろん、マンションの一階にテナントとして入っているが
上階の住人からもクレームは一切ないとのこと。

入口の風景

また、操作感に関して言えば、冷めたご飯を
電子レンジで温めるくらい簡単な作業で、
焼きたい豆に合わせてボタンを選んで押すだけですから、
極論 アルバイト初日の人にも頼めます、と。

アルバイトスタッフと焙煎機

100gから1kgまで、
浅煎りから深煎りまで、
無駄なくムラなく自由自在に焙煎できるので、
好みにあわせてオーダー焙煎も可能。

コーヒーにこだわりを持つお客様からの、
「この豆をこの焙煎度で」というワガママにも
喜んで受けることが出来ます。

また、新しく生豆を仕入れ、その豆の持つポテンシャルを
一番引き出せる焼き具合を探す作業やカッピング等も
このNOVO MARKIIなら必要最小限の生豆で
見つけ出すことが出来ます。

さっきも言いましたけど、コーヒー豆は農作物です。

遠くでコーヒー農家の方が手塩にかけて大事に育てた大切なものです。

一粒だって無駄にできない。 目が潰れます。

他の焙煎機には無いNOVO MARKIIの持つ利点を
次々と語ってくれる鬼追氏。

実はこの方、

北山で焙煎豆を販売する傍ら、
Facebookのレクチャー本の出版や、ビジネスシーンで活用するための
Facebookセミナー講師も務める、コーヒー屋としては異色の経歴を持つ。

焙煎機の特徴を分かりやすい言葉選びで伝えてくれるのも頷ける。

Facebook本AMAZONで発売中

焙煎機NOVO MARKIIで焙煎機した豆は100gから販売。
オーダーするとその場で焙煎してくれる。

コーヒーはカップでテイクアウトも、その場で飲むことも可能。
一杯一杯を丁寧にハンドドリップで。

代表の鬼追氏

髭を蓄え坊主頭、一見少し強面、

風味と香りをストイックに追求する姿はまさに 鬼。

その為とはいえ、豆は一粒たりとも無駄にしたくない 心。

鬼手仏心の一杯が、ここにはある。

京都 北山 あおい珈琲
HP http://aoi.coffee/
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.aoicoffee/
Instagram https://www.instagram.com/kyotoaoicoffee/
Twitter https://twitter.com/kyotoaoicoffee

文責:東京ラボセンター高島(ダイイチデンシ株式会社)
写真:ダイイチデンシ 中小路
2016年9月掲載