「天使がまいおりる」

とてもインパクトのある店名だ。
googleで検索をすると福岡県の京都郡というところにある、
その1件しか出て来ない。

faling angel

こちらはカフェ&雑貨屋さん。
そして一年前より、
珈琲の焙煎豆屋さんもはじめられた。

「coffee+ 天使がまいおりる」

オーナーのお名前は北丸さん。
今はご夫妻でお店をやられている。

angel inside

焙煎機を導入される前、
「魅せる焙煎機は良いのですが、
こんな田舎で、人目にどれほど触れるのでしょうか?」
と仰られました。
たしかに、人通りはとても少ない住宅地。

ただ、北丸さんは昨今の珈琲ブームで、
ただ人ががいっぱい来るのが良い、とは思われていない。

夫婦で楽しくお店がしたい、
目指すは「隠れ家的に、キラリと光るお店」
その気持ちで、珈琲豆屋さんをスタートされた。

お店で、大切にしておられるのは3つ。

①焙煎したて。

②良い素材を使う。

③癒される空間であること。

beans with roaster

そして、1年後の訪問。
朝から主婦のお客様が7名ぐらい来られて、
楽しそうにされている。
その間も電話注文や、車で来られる方も。

以前の雑貨屋さんだけでやられていた時と比べると、
「主婦の方が多いのは、前と同じですが、
実は、来られるお客様の層が、かなり変化した」
お二人とも、揃ってそう言われる。

安いからあそこ、ではなくて、
良いから、あそこだね、と。

「先日、はじめて来られた外国の方に
1杯の珈琲のお代(350円)を言うと、
何故そんな安い価格で売っているのか、
450円はとりなさい、と叱られたんですよ」

北丸さんは恥ずかしそうに仰られる。

「お客様に「安いね」とだけ言われている頃は、
喜んでいただけている気がしなかった。
もっと安い店ができたらここに来ない、
そう言われる気がして」

「お客様に、本当にありがとう、そう言われるようになったのは、
きっとこの珈琲のおかげ」とも。

美味しい珈琲には、マジックがある。
天使はまいおりた。

coffee with angel

福岡のJR苅田駅の近くの、素敵な隠れ家。

珈琲の香りがほんのりする、
扉をあけると、
想像を超えた癒される空間が、そこにある。

取材・撮影・文責 中小路通(ダイイチデンシ株式会社)
2015年3月掲載